Profile of Surface,surface -photograghs-

kenichi mori

birth
1979.10.22
blood
O

surface-surface1.jpg

「surface」とは、表象。目に見えている世界。
 写真とは、その表象を切り取ったもの。
スタジオ写真、風景写真、スナップ。どれでも表面だけしか写らない。
写真は写真以上のものではない。
人はなぜ音楽や絵・写真に感動するんだろう。そしてどうして人それぞれ反応が違うんだろう。
それはそこに人それぞれ自分なりの解釈、心で感じて「観て」いるから。
そのときはじめて「意味」を持つ。当たり前ですね...

優れた文学・絵画・音楽等には、少しだけ「隙間」がある。
受け取る側が考える、想像するスペースが空いているんだと思う。
伝え手の無意識のうちに。
見る人に押し付けるのではなく、投げかけとしての写真。
感じる素材としての写真。
感じる素材としての表象。